老人ホームは年金だけで入居出来るのか
老人ホームは年金だけで入居できるのか?

高齢者への支援のポイント

高齢化が進み、年金についても不安を感じることもあるでしょう。介護施設に入居する場合、高齢者の年金収入だけで入居はできるのでしょうか。今回は老人ホームの費用や年金収入で入居はできるのかについて紹介します。

年金だけで老人ホームに入居はできるのか

年金収入といっても、厚生年金と国民年金で受給金額は大きく変わります。厚生年金が平均15万円に対して、国民年金は最多層で6万円台です。今後の受給金額も減少はあっても、増加になることはないといわれていて、老人ホームに家族を入居させたい家庭にとっては将来について考えさせられます。

今後の傾向はまだ不確かなものですが、厚生年金であれば入居は可能かもしれません。しかし、国民年金の場合は老人ホームに入居できない可能性の方が高いのが現実のようです。

ケアハウスの検討もしよう

経済的に余裕がない場合、ケアハウスの入居も検討しましょう。ケアハウスは年収が低い人ほど、利用料が安いため低所得者向けの介護施設といっても過言ではありません。ケアハウスの入居一時金は数十万円~数百万円と、他の老人ホームと比べると比較的安い傾向にあります。月額利用料も軽費であり、年金収入で入居するのも無理ではありません。

全国的にケアハウスの入居費用は年収150万以下であれば、15万円前後となります。しかし、地域や自治体によっては月額6万円前後で利用することも可能です。6万円前後であれば、国民年金受給金額とほぼ同じ金額なので入居できる可能性も高くなります。

ケアハウスは倍率が高い

比較的に費用が安いケアハウスですが、それだけ入居を望む人も多く、倍率が高い傾向にあります。しかも、自治体の助成によって運営されているため、ケアハウス自体の数が少ないのも倍率をあげている理由のひとつです。ケアハウスは入居待ち期間が長く、待機している間に介護度が上がってしまうと実際に入居できなくなる可能性もあります。一般的にケアハウスは、介護度が低い人のための施設です。要介護4や要介護5など、施設職員が頻繁に気に掛けなくてはいけない状態では入居ができないため注意しましょう。

ケアハウスに入居を検討しているのであれば、自治体に頻繁に連絡をしましょう。基本的に運営は自治体などの民間であるため、役所に相談するより自治体の方が現在の空き部屋状況などが早く分かる場合もあります。

年金だけではなく貯蓄も増やしていくことが大事

ケアハウスは比較的軽費とはいえ、一時金で百万円単位が必要になることもあります。そのため、年金収入だけではなく、貯蓄をしていないとケアハウスの入居も厳しくなります。ケアハウスを利用するひとのなかには、月額費用は年金で支払い、一時金は家族を頼るという人も少なくないようです。ただ、一時金で百万円単位が必要といっても所得による金額であるため、下限の所得金額であれば十万円単位で済む場合がほとんどです。

他にも施設のなかには通帳や印鑑の提出を求める所もあります。これは家族が遠方にいた場合、年金管理を施設側で行うという目的のためです。しかし、通帳などを気軽に預けるのは危険であり、きちんと家族が納得できる説明を受けてから預けることを検討しましょう。預けた通帳が悪用されることはあってはならないことですが、万が一を考慮して、不安のないようにしておきましょう。

現時点で、年金収入だけでは老人ホームに入居するのは厳しいことが分かりました。ただ、低所得者向けのケアハウスなどもあるため、絶対に入居できる場所がないとは言い切れません。ケアハウスは倍率が高いこともあるため、老人ホーム入居を検討している家庭はなるべく早めに調べ始めるようにしましょう。