「まだら認知症」ってなに?認知症との違いや原因、対応についてご紹介

認知症の全知識

認知症には、朝できていたことが夕方はできない、もの忘れが激しいのに難しい計算はできるなど、症状に波があるケースがあります。
このような状態を「まだら認知症」といいます。

この記事では、まだら認知症について詳しくご紹介するとともに、原因や対応について解説します。

まだら認知症とは?

「まだら認知症」とは、認知症の初期症状の一つです。

認知症とは違ってすべての機能が低下してしまうわけではなく、一部の機能のみが低下するものの、ほかの機能は以前と変わりません。

時間帯によって現れる症状が異なったり、一部の機能しか低下しなかったりするため、周囲も気づきにくく自覚症状がないケースもあります。

認知症の診断がつかなかったり、遅くなったりしてしまうこともあるのです。

まだら認知症の原因

まだら認知症は、時間帯によってできないことがあったり、難しい本を読めるのに服を着替えられなかったりと、症状の波が大きい状態を示します。

このような「まだら」な状態が生じてしまうのには、いくつかの原因が考えられます。

脳のダメージが偏っているから

「まだら認知症」は、正式には「脳血管性認知症」といいます。
脳は、場所により働きが異なるため、脳血管性障害によって脳にダメージを受けた場合、ダメージを受けた部分の機能は低下するものの、ダメージを受けなかった部分は健在なままという状態になるのです。

脳の血流が絶えず変化しているから

脳の血流は気温や時間帯によって変わります。「低血圧の人は朝動き出しにくい」ということがあるのも、このためです。

起床後、食事後、暑さや入浴で体温が一時的に上昇した後、水分不足の時などには、一般的に脳の血流量が低下します。
このような時だけ、認知症の症状が強まって症状が出ることがあります。

自律神経が乱れているから

レビー小体型認知症やパーキンソン症状を抱えている場合、自律神経が失調しやすいという特徴があります。

自律神経には意識の覚醒や血圧の調整を司る働きがあります。自律神経が乱れて血圧が低下すると、反応が鈍くなったり、幻覚を見たり、せん妄状態になることもあります。

脳血管性認知症とまだら認知症

前述のように、まだら認知症にはさまざまな理由が考えられますが、特に、注意が必要なのが脳血管性障害によるものです。
脳血管の障害によって脳にダメージを受けた場合、一部の機能は低下してしまいますが、ダメージを受けなかった部分は以前と変わりありません。

自覚症状があると、もどかしさや苦しみを抱えてしまうこともあります。

脳血管性認知症は感情のコントロールが難しくなるという症状もあり、苦しみや深い絶望感を抱えた末、苛立ちや怒りの感情が沸き、介護者や周囲の人たちへの暴言・暴力へとつながってしまうケースもあるのです。

したがって、今できることに目を向けて自信を持たせ、本人の尊厳を傷つけないようにすることが重要になります。

また、小さな脳血管性障害が大きな脳梗塞などの兆候になっていることも考えられます。
気になる症状がある場合、早めに医師に相談しましょう。

まだら認知症のリハビリテーションと予防

まだら認知症の薬は今のところありません。
ここでは、リハビリテーションや、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害を防ぐ予防についてご紹介します。

リハビリテーションは状況に合わせて

脳血管性認知症により能力に偏りがある場合には、リハビリテーションによる改善が期待できます。

一方で、自覚症状があり本人ももどかしさを抱えている場合もあるため、無理矢理リハビリテーションをさせるのは厳禁です。自信が持てるように意識しましょう。

また、時間帯や状態によりまだら認知症の症状が変動するため、状況が良い時にリハビリテーションを行うようにしましょう。

症状の変動を観察・記録し、症状が出た時には安全で静かな環境に

前述のように、まだら認知症は症状が変動します。どのような環境や時間帯に症状が悪化するのか観察し、記録していきましょう。

水分不足が原因だった場合は水分をしっかりととることで症状が抑えられたり、血圧を測定することで自律神経の失調が原因だということがわかったりしたケースもあります。

このように症状の変動を把握しておくことで、症状が表れるタイミングには安全で静かな環境を用意してあげることが可能になります。

脳梗塞や脳出血などの脳血管障害を予防するには

まだら認知症の原因となる脳梗塞や脳出血などの脳血管障害を予防するためには、塩分を控えたバランスの良い食生活を心がけ、高血圧に注意することが大切です。

また、適度な運動を心がけ健康的な体重を維持するようにしましょう。
ほかにも高脂血症や糖尿病、喫煙なども危険因子になるといわれています。
健康的な生活を送ることが、脳血管障害の予防にもつながるのです。

まだら認知症への対応方法

脳血管障害を発症していない状態でまだら認知症となってしまった場合、本人も自覚していないケースが多く、病識は付きにくいものです。

しかし、まだら認知症はこれから脳梗塞を発症する兆候の可能性もあります。
症状が出た場合は、上手に医療機関を受診させ、専門家に診察・診断をしてもらいましょう。

まとめ

まだら認知症は一部の機能の低下しか見られないため自覚症状が少なく、変化する症状に介護者も疲れてしまうことがあります。

早目に医療機関を受診し、まだら認知症に伴う病気が隠れていないかどうかを診察してもらうとともに、介護者も専門家へ相談するなどして1人で抱え込まないようにしましょう。