保証人や身元引受人がいない場合は?
保証人や身元引受人がいない場合は?

老人ホーム・介護施設の選び方


老人ホームで入居に際して保証人や身元引受人がいないケース

老人ホームに入居する場合の条件として、身元引受人や保証人を求められるケースがほとんどです。実際に施設は入居の際の条件として上記のような人を立てるように要求をしてきます。多くの場合は緊急時の連絡などを兼ねてほとんどが親族に頼るのですが、実際に保証人や身元引受人がいない場合にはどうしたら良いのでしょうか。このケースにどうするべきか紹介します。

なぜ保証人や身元引受人が必要なのか

基本的に保証人や身元引受人が必要な理由としては「利用料の支払い」、「ご病気や怪我などの緊急時の連絡」、「治療方針の承諾」、「入院や死亡時の対応」などがあります。それぞれがなぜ必要なのか紹介します。

利用料金の支払いのため

介護施設や老人ホームに入居する際には金銭の支払いが必要になります。つまり高齢者の入居を決めた後にきちんとした支払いが出来なかった場合に施設は高齢者を無理やり追い出すような事は道義的にも出来ません。そのため、保証人を立ててもらい、支払いについて万が一できない際には保証をしてもらう必要があるためとなります。

ご病気や怪我、治療方針の承諾などの緊急時の連絡先として

高齢者の介護や医療ケアによって入居を希望している場合や、高齢のため健康状態がそもそも良好ではない場合において、健康状態の悪化の可能性は高いものになります。また、高年齢化による認知症の発症など本人には判断する事が難しいというケースも想定されますので、身元引受人が必要となります。

入院や死亡時の対応について

老人ホームに入居している最中に寿命などによって死亡してしまうケースがあります。その際にご遺体の引き取りや葬儀の手配などをするために身元引受人が必要となります。また、亡くなってしまった後の老人ホーム内に残されている荷物の整理や料金の精算もあります。

身元引受人や保証人がいない場合について

身元引受人や保証人がいない場合に老人ホームに入居することができないのかというとそうではありません。しかしながら、事実として多くの施設は身元引受人と保証人を必要な条件にしているのは間違いありません。

では一体どうするのかというと下記の方法があります。

  • 身元引受人や保証人が不要の老人ホームを探す
  • 身元引受人や保証人代行サービスの利用
  • 任意後見人制度の活用

このように実際は方法論がないわけではありません。何れにせよ情報収集をすることによって解決が出来る課題となりますので、身元引受人や保証人がいないから言って諦めずに探すことが重要です。

また少し難解なので2と3については補足説明をいたします。2の身元引受人や保証人の代行サービスですが、こちらは弁護士事務所やNPO法人、公益社団法人、民間の企業などが対応をしています。それぞれ必要となる費用や対応が違ってきますので、詳細はそれぞれの窓口に一度問い合わせをしてみると良いでしょう。

そして3番についてはあまり馴染みがないかもしれませんが、判断能力がしっかりしているうちに契約を任意後見人と締結することが必要になります。しかしながら、自分の判断能力がなくなった際に、自宅を売却し資金を作り老人ホームの費用に充当してほしいなど細かな要望を先に作る事ができます。この制度の活用によって老人ホームに入居できる可能性が高まります。