老人ホームでの喫煙・飲酒について
老人ホームでの喫煙・飲酒について

老人ホーム・介護施設の選び方


老人ホームでの喫煙・飲酒について

高齢者の方の嗜好品として喫煙や飲酒というのは度々話に上がる事があります。実際に老人ホームに入居はしたいのだけれど、喫煙や飲酒にうるさく言われるから嫌だと拒否反応を示している人もいらっしゃいます。では、実際にはこの点は老人ホームではどのような状態にあるのでしょうか。その点を紹介します。

老人ホームでの喫煙について

老人ホームの喫煙については喫煙可能としている老人ホームは多数あります。しかしながら、近年の社会的な傾向を加味すると減少している傾向にはあります。では、施設がなぜ喫煙に対して禁止をするのかその理由について紹介をして行きます。

  • 防犯上喫煙は火事を起こしてしまう危険性がある
  • 受動喫煙による健康被害が発生するため、その防止に努めている
  • タバコの匂いを不快に感じる入居者への配慮

上記のようなことから喫煙に対し何かしらの制約を設けている施設があります。そのため、喫煙する事を全面的に禁止するというわけではなく、喫煙可能にしているスペースを限定しているという方が正しいでしょう。その多くは施設のお庭でしたり、喫煙スペースを設けるなどの対策を取り入れています。

また、タバコやライターについては利用者が保有するのではなく、施設が管理しているところも多くあります。これは上記で書いた通り防犯上の理由からとなります。

老人ホームでの飲酒について

嗜好品の中でもタバコと同じように愛用している人が多いのが飲酒です。こちらは各老人ホームで様々な対応があります。実際にタバコよりは周囲に対する影響が少ないので寛容な部分はありますが、以下のような理由によって規制を設けている施設も少なくありません。

  • 飲みすぎてしまうと他の入居者様とトラブルを起こす原因になってしまう
  • 飲酒によって健康被害や怪我に繋がる恐れがある

上記のような事から飲酒に対して規制を取り入れている施設もあります。そのため、施設によっては飲酒ができるのは居室だけと限定し、レストランや共有スペースとなるリビングでの飲酒を認めていない施設もあります。

老人ホームでの飲酒・喫煙についてのまとめ

上記の通り各施設によってルールは様々です。実際にどの場所でも喫煙を多くしている施設もありますし、どの場所でも喫煙を規制している施設もあります。そのため、現時点においては各施設の運用上の規制によって違いが出るというのが答えとなります。なので、嗜好品における規制は入居の前にしっかりと確認をする必要があります。