老人ホームの体験入居について
老人ホームの体験入居について

老人ホーム・介護施設の選び方


老人ホームの体験入居について

老人ホームを選定している際には、どこの老人ホームにしようかと悩む人が大勢いらっしゃいます。そんな時には老人ホームが実施している「体験入居」の申し込みをすると良いでしょう。実際に体験入居をすることによって、その施設が自分に対して合っているのかどうかを判断する事ができます。詳しくはその施設の1日の生活の流れが掴む事ができますし、介護サービスがどのように行われており、どのような品質であるのかをチェックする事が出来ます。他にも自分が住むであろう居室の確認が出来、食事内容の確認を自分の目で見て判断する事が可能です。実際に自分が住む家として十分なのかどうか、そういった点を含め体験入居はした方が良いでしょう。

体験入居をする際の日数と費用はどの程度なのか

老人ホームに体験入居をする際にどれくらいの日数が必要で、どれくらいの費用がかかるのか、そういった点を疑問に思われる事だと思います。まずはその2点について確認します。

体験入居日数
2泊3日、1週間、最大3ヶ月までなど。この点は各施設によって異なります。自分が希望している施設はどの程度体験入居が出来るのか確認をしましょう。
体験入居費用
体験入居の費用は安いところで1泊3500円程度、高いところでも15000円程度となります。

体験入居をした際にチェックすべきポイント

実際に体験入居をする際に、チェックするべきポイントをあらかじめ考えておくとスムーズな調査が可能になります。あらかじめ体験入居でチェックするべき項目を記載します。

1.立地について確認をする

実際に入居を決めた後に、自分のご家族が面会に来られる事が多々あります。そうなった時に最寄駅からはどれくらいの距離があるのか、また道路は混んでいるのか、上り坂や下り坂は多くないか、近隣に治安の悪い場所がないかなど、面会に来られる方のポイントも抑えておくべきです。また、自分が住む住環境として騒音が近くにないか、治安が悪くないかなどは調べる必要があります。

2.スタッフがどのような人か

体験入居の際に一番見て欲しいのはこのスタッフの人間性です。実際に入居をして、様々なサポートを受けるスタッフですから人柄としてどのような人が働いているのかはチェックをする必要があります。スタッフの表情が生き生きとしているか、利用者に対してどのような態度で接しているか、身だしなみはしっかりとしているかなど、自分自身で気になるポイントをあらかじめ考えておくと良いでしょう。

3.施設長の思いや理念を確認する

実際に施設の雰囲気は各施設の施設長の思いが反映されている事があります。施設長としてどのような思いを持って施設を運営しているのかしっかりとお話を聞いてくる必要があります。現在はどのような施設で、今後はどのように施設が変わっていくのか、そういった点も確認する必要があります。

また、施設を判断するという意味では施設の理念なども確認しておくと良いですね。

4.他の入居者の表情や様子を確認する

実際に施設が良いかどうかは入居をしている人の表情から読み取る事が出来る可能性があります。そのため、他の入居者がその施設でどんな表情でいるのか、そういった点を直接お話しされたりするのが良いでしょう。

また、男女の比率や平均年齢、要介護度がどうなっているのかも確認すると自分に近しい状態の人がいるかどうか確認が出来るので良いでしょう。