株式会社パズル 代表取締役・北野昭和さんが目指すミライ

U.K.こと楠雄二朗さん(Uちゃん)と、株式会社エースタイルの谷本吉紹社長(谷さん)がDJを務めるラジオ番組「それU.K.ミライbridge」

前半は、関西で活躍しているビジネスマン、アスリート、有名人をピックアップし、その方のイマまでの歩み、そして、ミライについてお話を伺うミライ・リーダーのコーナー。

第5回目の今回も引き続き、株式会社パズルの代表取締役・北野昭和さんをゲストにお招きしています!

北野社長が谷さんの会社(エースタイル)に期待することってなんですか?

谷さんなら介護業界のネガティブな印象を変える風雲児になっていただけるんじゃないかなぁって

じゃあ僕は今日から介護業界の風雲児ですね!(笑)

関西活性化プロジェクト、その先へ

関西活性化プロジェクトとは、 IT、WEB、人材系や研修会社など、さまざまな業界で活躍する関西の経営者ばかりを集めた会ことです。
北野さんの株式会社パズルでは、この関西活性化プロジェクトの運営を行っています。

この関西活性化プロジェクトについて今後のビジネス展開を北野さんに伺いました。
「まずは関西活性化プロジェクトのコミュニティを140社から300社に増やすこと、そして広島に子会社を作って100社のコミュニティを作っていきたいです」

本来なら東へ東へ行きますよね?
どうして「西」なんでしょうか?

各エリアに「支点」があれば、日本がもうちょっと安定するんじゃないかと思うんです。

支点とは、支点・力点・作用点のうち、てこの回転運動の中心となる点のことです。

いま、日本の支点は東京に一極集中しています。
関西活性化プロジェクトやその先のプロジェクトを通して、西日本、ひいては日本全体の安定を、北野さんは見据えています。

広島で100社達成できたら、次は福岡で200社のコミュニティを作る。西日本で600社の中小・ベンチャーがエリアをまたいで交流すれば、日本がもっと面白くなるのではないかと北野さんは語ります。

急成長はしなくて、一歩ずつ着実に、1社ずつ増やしていけたらなって思います。

西日本へ向かう北野さん、地域密着の谷さん

一方、谷さんは事業を西日本に広げることよりも、大阪での地域密着に力を注いでいます。

介護はヒューマンエラーが起きうる業種です。
それは働いている人のケアができていない経営者側にも問題があると谷さんは考えています。

スタッフさんのケアやフォローができる距離内でビジネスを展開していく。それが私の理念です!


目の行き届くところに居るからこそしっかりとケアができる谷さんのお仕事と、自分の目が行き届かなくてもマッチングすればそこで育むことができる北野さんのお仕事。

それぞれのビジネスにかけるアツい想いをお伺いすることができました!

関西活性化プロジェクト

ビジネスマッチングを大阪・神戸・京都などの関西圏でサポートします

関西活性化プロジェクト