新コーナーがスタート!! 介護福祉業界のイマがわかる「エリーナの部屋」

「それU.K.ミライbridge」 後半は、 大阪難波にあるFM OH!の中に、日曜日のこの時間にだけ新たにオープンすることになった新コーナー「エリーナの部屋」。

介護福祉業界の現場で働くYouTuberユニット「介護あかるくらぶ」のエリーナ秘書が、リスナーの皆さんからのご質問や疑問にお答えしたり、最新トピックスについてお伝えしていきます。

さあ、記念すべき第1回目の今日はどんなお便りが届いているんでしょうか?

お茶の間のアイドルU.K.さん(Uちゃん)と、エリーナ秘書がお届けします!

たくさんある老人ホームの違いって!?

いよいよ始まりました、新コーナー!
さっそくお便りをくださったリスナーさんがいらっしゃいましたよー。

うれしい~ありがとうございます!


  📧リスナーさんからのお便り

 「老人ホームの種類がいろいろあって区別がわかりません。
  ケアハウス、老人ホームなど、どんな違いがあるんでしょうか?」



エリーナ秘書「いろいろありますからね、難しいですよね。一般的に、ケアハウスは低所得者の方や近親者のサポートを受けられない方や、介護度が低い方が優先的に入る施設ですね」

それでは、グループホームとはどういった施設なんでしょうか?

エリーナ秘書「簡単にいうと、65歳以上の認知症の方が入居されるというイメージです。認知症の方が皆さんで共同生活をするような場所。たとえば、一緒におやつを作ったり食事を作ったりしている施設さんもありますね」

要介護3以上の方が入居できる施設は数年待ちも……

U.K.「あと、特別養護老人ホームってよく聞くんですけど、こちらはどういった施設なんですか?」

エリーナ秘書「こちらは要介護3~5の方というのが入居条件になっている施設。要介護3以上の方というのは、 介護職員が施設にいる環境で、基本的に24時間体制でのサポートを必要とする方です」

特別養護老人ホームは、社会福祉法人や自治体が運営している施設になり、入居したくても順番待ちが多く、長い施設だと数年待ちのところもあるのだとか!

特別養護老人ホームの入居待ち、数年!
ちょっとそれは困りますよね……。


そこでエースタイルのWelfareグループが運営する「サービス付き高齢者向け住宅」や「住宅型有料老人ホーム」が活躍します。

うちの施設では介護職員が24時間365日常駐していて、日中は看護師のケアも受けてもらえるので、医療ケアが必要な方や要介護3以上の方であっても受け入れが可能になっています。

2020年2月にオープンした「Wellife城東鴫野」もそのひとつ。
元々あった「Welfare城東鴫野」があまりの人気ですぐに部屋が埋まってしまうため、すぐそばに新しく建てられたんだそう!

「将来妻と一緒に老人ホームに入ったら、たとえばマンションタイプで自分の自由な生活とプライバシーは守られていて、でもいざとなったら対応してもらえる環境が整っているっていうのが理想なんですが……」と打ち明けてくれたU.K.さん。

そういったイメージも持たれている方にも、「サービス付き高齢者向け住宅」や「住宅型有料老人ホーム」がぴったりなんだそうです。

理想の形に合った施設さがしがポイント!

先日、たまたま大阪日日新聞でWelfareグループの施設を見たんですけど「月10万円ぐらいでフル装備」って書いてあったんですよ!
それ妻と見てて、将来ここに入ろって(笑)

エリーナ秘書「一般的には、だいたい毎月にかかる費用として15万円くらいまでというイメージでしょうか。うちはできる限り企業努力をして、少しでも安くて良いサービスを提供させてもらいたい!という思いで運営しています」

U.K.「嫁が驚いてたんですよ!介護職員さんは24時間、看護師さんも日中ずっと常駐しているってことに。常に誰かがいるって、すごく安心ですよね」

夜間帯などに介護を必要とされる方、たとえばお手洗いを手伝ってほしい方などのために介護職員が常駐していると助かるんじゃないか、と考えてこの体制を導入されたそう。

施設を探すポイントって、本当にたくさんあるんですね。

エースタイルが運営する「カイフクナビ」っていう老人ホームの検索サイトではいろんな施設を紹介していて、サービス内容や料金帯も載っているので、ぜひ見てみてくださいね♪


今後も、エリーナ秘書に聞きたい介護福祉に関するお便りを大募集しますー!

お悩みや疑問、質問がある方は、ぜひ気軽に番組までメッセージを送ってみてくださいね。

YouTubeユニット「介護あかるくらぶ」

株式会社エースタイルの社員3人が結成したYouTubeユニット。介護あかるくらぶ(明るく×Love)として、介護にまつわる情報を発信。